120億円かけて撮影した女バットマン主役のヒーロー映画「バットガール」お蔵入りに

家庭生活総合
batman-g938f09353_640

1: 2022/08/03(水) 13:09:27.63 ID:xiY3pUVTd

DC映画『バットガール(原題) / Batgirl』がお蔵入りとなってしまった。
すでに撮影を終えてポストプロダクションの最終段階に入っていたが、もともと予定されていた米 HBO Max でも配信されなければ、劇場公開もされない。
アメリカの各メディアが報じている。

The Hollywood Reporter によると、『バットガール(原題)』の製作費は、新型コロナウイルス感染防止対策でコストがかさんで9,000万ドル(約122億円)近くまで膨れ上がったとのこと。
大金ではあるが、劇場公開用のDC映画と比べると安く(3月公開の『THE BATMAN-ザ・バットマン-』の製作費は、宣伝費抜きで1万8,500万ドル・約250億円)、観客が求めるDC大作のスケール感ではないとして劇場公開も見送りに。
予定通り HBO Max で配信してしまえばいいようにも思えるが、宣伝費などこれ以上費用をかけるよりも9,000万ドル(約122億円)を捨てて損切りをすることを選んだのだという。
今回の件を最初に報じた New York Post は、同作のテスト試写での評判がすこぶる悪く、お蔵入りはDCブランドの未来のための決断でもあるとしている。


続きを読む
Source: ♡ログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました