【コロナ&過疎】JR北海道 4〜6月の区間収支は186億円余の赤字に JR九州も66億5500万円の赤字

家庭生活総合
accountant-1238598__340
1: 2021/09/14(火) 20:42:51.22 ID:t8+6JQ8R9
JR北海道が発表したことし4月から6月までの区間ごとの収支は186億円余りの赤字で、去年より30億円以上減ったものの、新型コロナウイルスの感染拡大前のおととしと比べると依然として厳しい利用状況が続いています。

JR北海道によりますと、ことし4月から6月までの区間ごとの収支は23の区間すべてで赤字となり、赤字の額は合わせて186億1600万円で去年の同じ時期より33億300万円減りました。
区間別では新千歳空港を結ぶ快速エアポートを含む「札幌圏」が38億2900万円の赤字で、赤字の幅は去年より16億6300万円縮小しました。
また、北海道新幹線の新青森・新函館北斗間のほか、石勝・根室線の南千歳・帯広間など主な特急が通る路線も2億円以上、赤字が減りました。
それでも新型コロナウイルスの感染拡大前のおととしと比べると赤字額は70億円余り多く、依然として厳しい利用状況が続いています。
JR北海道は「今年度の後半以降はワクチン接種が進んで徐々に収支が改善していくと想定しているが、コスト削減など自社でできる努力は引き続き進めていく」としています。
https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20210914/7000038251.html

豪雨被害にコロナが追い打ち JR九州、過疎ローカル線存亡の危機?赤字47%拡大の区間も
https://news.yahoo.co.jp/articles/5df08212bb7ba9dcff427e7614316ea13284f623


続きを読む

Source: ♡ログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました