【愛知】女児と会ってわいせつするために300キロ離れた香川県にアパート借りた小学校支援員に執行猶予5年

家庭生活総合
virus_corona
1: 2021/05/30(日) 14:31:08.00 ID:VD7TynYk9
新型コロナウイルスの感染拡大により全国で休校措置が取られた昨年度、わいせつ・セクハラ事案で処分された公立校の教員は186人に上った。

 中には、緊急事態宣言下で不要不急の外出自粛が求められているにもかかわらず、約300キロも離れた場所へ足を運び、児童へのわいせつ行為を繰り返した教員も。各地の教育委員会は防止策の徹底を迫られている。(石井正博、波多江一郎)

香川にアパート
 今年2月、愛知県内の小学校教員だった男が強制わいせつなどの罪に問われ、香川県内で開かれた刑事裁判で懲役3年、執行猶予5年の有罪判決を受けた。

 愛知の教員がなぜ、香川で裁かれたのか。実はこの男は、昨年4月に愛知で教員として採用される前、香川県内の小学校で児童の勉強や生活をサポートする支援員として働いていた。

 判決などによると、男は香川での支援員時代に、女子児童を自宅アパートに呼び出し、体を触ったり、カメラで撮影したりするなどのわいせつ行為を繰り返していた。

 愛知で教員になった後も、男は女児と会うために香川県内のアパートの契約を続けた。昨春、全国で一斉休校となり、不要不急の外出自粛が呼びかけられていたが、男は5月上旬まで、愛知からたびたび香川のアパートに向かい、女児へのわいせつ行為を繰り返した。
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/20281131/


続きを読む

Source: ♡ログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました