私のことが好きだから大切にしてくれているんじゃなくて、「自分よりだめな人を大切にする自分」が好きだから私のことを大切にしているんだと気づいたときに冷めた。

百年の恋も冷めた瞬間!185年目
https://tamae.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1457165731/

935: おさかなくわえた名無しさん 2016/04/11(月) 00:03:33.47 ID:e8yMcCbu
私のことが好きだから大切にしてくれているんじゃなくて、
「自分よりだめな人を大切にする自分」が好きだから、
私のことを大切にしているんだと気付いてしまったときに冷めた。

周りに優しくて、ものすごく面倒見がいい人に好かれた。
「君みたいな子が本当に好みなんだ。
すごくすごく大切にするから、付き合ってほしい」と猛アタックされた。
当時の彼は断る理由が思いつかないくらいのいい人に見えたので、
だめなところばかりの私がなんで好みなの?ととても不思議だった。

私は、何かを決めるのも遅いし、いろいろとネガティブに考えてしまう性格だし、
見た目も小さくて太っていた。
それに、新品のペットボトルが開けられない、小銭をつまむのが苦手という程度ではあるけど、
上肢に障害があって、人よりも握力が弱くて、指や腕を素早く動かせない。

だから、「申し出は有難いけど、私にはもったいなさすぎる」と
お見合いの常套句のような断り方をしてしまった。
それでも「俺のことが嫌いというわけじゃないなら、お試しでいいから付き合って」と押し切られ、
とりあえずお試しで付き合うことになった。

続きを読む

Source: かぞくちゃんねる

コメント

タイトルとURLをコピーしました