体調が悪くてフラフラだったけど、仕事休めなくて出勤。少しでも体を休めようと電車の座席に座り目をつぶっていたら、70歳くらいの女性に肩を叩かれた。

今までにあった修羅場を語れ【その23】

undefined

814: ↓名無しさん@おーぷん↓ 17/09/02(土)15:57:07 ID:mja
汚い話注意

体調が悪くてフラフラだったけど、どうしても仕事休めなくて出勤した
幸い最寄駅発の電車があるので、座って行かれる。
少しでも体を休めようと、ガンガン痛む頭を抱えて、目をつぶっていた。
しばらくしたら、肩をトントンと叩かれた。
目を上げると、70歳ぐらいの女の人が立っていた。
で、「悪いけど、席を替わってくれないかしら」と言われた。
体調が悪いので と言えば良かったのだろうけど、言葉を発する力もなくて、そのまま目をつぶってしまった。
そうしたら、またトントンと肩を叩かれて、「悪いけど、席を替わってもらえないかしら?」

見ると、電車内は混雑していて、席は空いていない。
周りの人たちは私のほうを、咎めるような視線で見ている
お婆さんの隣に立ってる男の人は小声で「寝たふりかよ」と苦笑いしてる。
私はなんだか面倒くさくなって、「どうぞ!」と言って立ち上がった。
お婆さんは「すみませんねぇ∼」と言いつつ、ドヤ顔の笑顔で席に座った。

仕方なくそのままババアの前に、つり革掴んで立っていたんだけど
カーブのたびに頭がガンガンして、気持ちも悪くなって
ついに「げぼぉー」と嘔吐

ババアやら周りの人がワワワ∼とかギャーとか叫び、隣の男の人に
「おい!服が汚れただろうが! どうするんだこれ!!!」と怒鳴られた時が
修羅場だった

直後に駅に着いたのでとっさに途中下車してしまった
背後であー とかおいー! とか声がしてて怖かった
よく考えたら、というかよく考えなくても自分じゃなくて周囲にいた人の修羅場だなこれ

続きを読む

Source: かぞくちゃんねる

コメント

タイトルとURLをコピーしました