【おお…】『シン・ウルトラマン』さん、アマプラ解禁されるもまたも”賛否両論”…その「理由」がこちら…(※ネタバレ注意)

鬼嫁まとめ

tokusatsu_hero_kaiju.png

1: にゅっぱー 2022/11/20(日) 14:58:03.15
https://filmaga.filmarks.com/articles/166260/
2022.11.18

※記事内にはネタバレが含まれます

2022年特大の話題作、『シン・ウルトラマン』。記録的大ヒット作品『シン・ゴジラ』(2016)を手がけた庵野秀明氏と樋口真嗣氏による、極上のエンターテインメント作品だ。
中略

基本的に絶賛モードだった『シン・ゴジラ』と比べて、SNSの反応を見ると『シン・ウルトラマン』は賛否両論が入り乱れている様子。実は、筆者も少なからず本作に対しては否定的な意見を抱いている。という訳で、ここからは(かなり偏った)私見を述べさせていただきます。

思えば『シン・ゴジラ』は、登場人物の内面描写がごっそりと削ぎ落とされた映画だった。日本が太平洋戦争の降伏を決定し、8月15日正午に玉音放送を流すまでの24時間に焦点を当てた岡本喜八監督の『日本のいちばん長い日』(1967)を参考にしただけあって、怪獣映画というよりもディスカッション・ドラマとしての面白さに満ちていたのだ。人物描写よりも状況描写に特化した、極めて特異な作品と言える。

『シン・ウルトラマン』もこの「人物描写よりも状況描写に特化」路線を踏襲している。だが、「空想と浪漫。そして、友情。」というキャッチコピーが指し示している通り、実は『シン・ゴジラ』よりも『シン・ウルトラマン』は遥かにヒューマンで、エモーショナルな作品。自分の生命を投げ打ってまで人類を救おうとするウルトラマン=神永新二の想い、そして浅見弘子とのバディ関係が、ストーリーを牽引する原動力となっている。にも関わらず、肝心の人物描写が希薄なために、そこに説得力が生まれていないのだ。

中略

もう一つの所以は、ウルトラマンがヒーローとして活躍する場面が圧倒的に少ないことだ。

人類は、第2の事件で初めてウルトラマンが“正義の味方”であることを認識するが、第3の事件で疑いの目を向け、第4の事件で神永新二の正体がウルトラマンであることを知ってしまう。最近のポスト・ヒーローものにはよくある展開だが、ヒーローがヒーローとして活躍する場が奪われ、その圧倒的な戦闘能力ゆえに人類から奇異の目を向けられる存在に成り下がっている。端的に言えば、血湧き肉躍るカタルシスが欠如しているのだ。

全文はソースをご覧ください

if(navigator.userAgent.indexOf(‘iPhone’) > 0){
var adstir_vars = {
ver : “4.0”,
app_id : “MEDIA-e86f6950”,
ad_spot: 1,
center : true
};
} else {
var adstir_vars = {
ver : “4.0”,
app_id : “MEDIA-e86f6950”,
ad_spot: 2,
center : true
};
}

https://js.ad-stir.com/js/adstir.js

var adstir_vars = {
ver: “4.0”,
app_id: “MEDIA-d3aee07c”,
ad_spot: 1,
center: false
};

https://js.ad-stir.com/js/adstir.js

var adstir_vars = {
ver: “4.0”,
app_id: “MEDIA-d3aee07c”,
ad_spot: 2,
center: false
};

https://js.ad-stir.com/js/adstir.js

オススメ記事

まとめサイト速報+

73: にゅっぱー 2022/11/20(日) 15:22:43.27
>>1
初代ウルトラマンって、ウルトラQの流れだから、感情とか、内面描出が希薄な作りだったじゃん。
その後のウルトラマンは、社会問題、青春もの、成長もの、スポ根を取り込んで、ハードSF要素が薄まっていく。
そもそも、子供向け怪獣特撮ものだから、ウルトラマンが地球を守る理由なんて、問うべきことじゃないのだよ。

337: にゅっぱー 2022/11/20(日) 16:49:29.90
>>1
シンウルアマプラに来てたな
観なきゃ

347: にゅっぱー 2022/11/20(日) 16:51:35.55
>>1
斎藤工は子供を助けた時点で死んでて
それにウルトラマンが憑依してる状態なんだよね?
その中で斎藤工の人格がどのくらい生きてるのかわからなかった
長澤まさみと出会った時の雰囲気だと
ウルトラマンの人格になってるからあんな無機質な性格なんだろうけど
だとしたら他の隊員が違和感感じてないの不自然だし、
もっと斎藤工の人格とウルトラマンの人格が共存してる感じのほうがよかった

2: にゅっぱー 2022/11/20(日) 14:59:42.51
>シン・ゲッコウカメンのプロジェクトも密かに進行してるという

ワロタ

7: にゅっぱー 2022/11/20(日) 15:02:20.48
今見たけど面白かったぞ

8: にゅっぱー 2022/11/20(日) 15:02:44.69
アマプラで1時間くらい見てたらいつの間にか寝てしまった

40: にゅっぱー 2022/11/20(日) 15:13:33.99
>>8
俺は途中で飽きちゃった
また後日見るけど

63: にゅっぱー 2022/11/20(日) 15:19:46.03
>>8
全く同じですわwww

9: にゅっぱー 2022/11/20(日) 15:02:47.48
セリフが棒過ぎてウルトラマン降臨直後に離脱
内容以前の問題

19: にゅっぱー 2022/11/20(日) 15:07:53.10
>>9
タキが一番気になった、申し訳ないけどシンプルに下手というか
他の人のオーバーな演技とかはそういうものなんだろうなって思えたんだけど

20: にゅっぱー 2022/11/20(日) 15:08:09.36
>>9
酷かったよな
聞いてるのが苦痛だった

25: にゅっぱー 2022/11/20(日) 15:09:55.21
>>9
アマプラで勝手に字幕ONの設定になってたから映画館で観た時よりセリフの内容入ってきたわ

12: にゅっぱー 2022/11/20(日) 15:05:23.75
まあまあ面白かったシンゴジラほどではないが
もうちょっと長尺でも良かったと思うが

14: にゅっぱー 2022/11/20(日) 15:05:41.97
演技が下手っぴ過ぎたわ
冷静で抑制した言い回しを演出したんだろうけど
まるっきり棒
あと怪獣と宇宙人を詰め込み過ぎ
大失敗だろアレ

15: にゅっぱー 2022/11/20(日) 15:06:17.34
アマプラで観たけどシンゴジより面白かった

151: にゅっぱー 2022/11/20(日) 15:51:37.60
私の好きな言葉です
>>15
同じだ
シンゴジよりずっと好き

17: にゅっぱー 2022/11/20(日) 15:07:12.37
SFとか科学の理屈についてはよく理解できんが娯楽やドラマとして観れば結構楽しめるぞ?

18: にゅっぱー 2022/11/20(日) 15:07:36.45
内容にまったく付いていけなかった

22: にゅっぱー 2022/11/20(日) 15:08:42.15
ゼットンはちゃんとゼットンとして出て欲しかった

176: にゅっぱー 2022/11/20(日) 15:59:01.81
>>22
ちゃんとゼットン!ゼットン!って鳴いてたやん

23: にゅっぱー 2022/11/20(日) 15:09:16.77
同人臭がして嫌なんじゃね

24: にゅっぱー 2022/11/20(日) 15:09:22.47
アマプラで見たけど、思ってたよりおもろかった

しかし俺は、n/aが見たいんだ

28: にゅっぱー 2022/11/20(日) 15:11:03.09
かなり良かったぞシンゴジといい今までの監督より格段に良くなってるやんやらせて正解や

31: にゅっぱー 2022/11/20(日) 15:11:11.37
二回見たけど
よかったよ

まあ光の国の掟が独善的だったな

32: にゅっぱー 2022/11/20(日) 15:12:04.62
でっかいまさみが出たとこで見るの止めた

198: にゅっぱー 2022/11/20(日) 16:07:38.01
>>32
巨大化してネットに晒された時の怒ってるの?の字幕は笑った

35: にゅっぱー 2022/11/20(日) 15:12:17.62
内容が余りにオタク過ぎ
没ネタ・原案とか裏話的なものを言われないと分からない
つまりスベってた

43: にゅっぱー 2022/11/20(日) 15:13:56.85
斎藤工の感情薄い演技がインディードのCMまんま。
ウルトラマン出てくるまで本当に科特隊が怪獣倒せてたのか疑うくらい行き当たりばったりの無能。
ゼットンを人間の力で倒すのかと思ったら、結局最後はウルトラマン頼みの展開。

怪獣が次々出てきて展開早いから、中盤くらいまでしか面白くなかったシンゴジラよりはマシだけど、
めちゃくちゃ面白かっていうとそうでもない。
55点くらいの映画だった。

52: にゅっぱー 2022/11/20(日) 15:15:12.47
勧善懲悪無敵のヒーロー
みたいなものを期待するとがっかりする

引用元: ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1668923883/

こちらの記事も読まれております。

Source: 鬼嫁ダイアリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました