「○○ペイ」で給与支払い可能に 残高上限100万円、厚労省方針

家庭生活総合
code_smartphone_barcode_qrcode

1: 2022/09/13(火) 19:05:55.91 ID:BwfSnYIP9

※朝日新聞

「○○ペイ」で給与支払い可能に 残高上限100万円、厚労省方針
https://www.asahi.com/articles/ASQ9F61TXQ9FULFA005.html

🔒有料記事

橋本拓樹 2022年9月13日 18時24分

デジタル給与払い 来年度にも

 企業が賃金の一部をキャッシュレス決済口座などに振り込む「デジタル給与払い」が、来年度にも可能になる見通しとなった。デジタル口座の残高の上限は100万円で、それを超える分は従来通り銀行口座などに振り込む。厚生労働省の審議会が13日に大筋で合意した。年度内に必要な省令改正が行われる予定だ。

 賃金は現金で労働者に支払うことが労働基準法で定められている。例外として銀行口座などへの振り込みが認められており、そこにデジタル口座を加える。

 対象となるのは「ペイペイ」「d払い」「楽天ペイ」といったキャッシュレス口座などだ。こうした口座を運用する「資金移動業者」は全国の財務局に8月末時点で85社が登録している。これらのうち、一定の条件を満たして厚労相の指定を受けた業者が、賃金の支払先になれる。

 企業はデジタル給与払いを行う場合、対象となる労働者の範囲や利用する資金移動業者などについて、労働組合などと協定を結ぶ必要がある。そのうえで、労働者が望むか同意した場合に、給与の全額か一部をデジタル口座に振り込む。

 労働者の意に反してデジタル払いをすることを防ぐため、労働者が同意書を提出することを条件とし、守らない場合には労働基準監督署が指導などを行う。

業者破綻、労働者が損害被る恐れも
 デジタル払いは、労働者にと…

この記事は🔒有料記事です。残り203文字

※関連スレ
給与デジタル払い、23年春にも解禁 政府が最終調整 ★4 [蚤の市★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1662895231/


続きを読む
Source: ♡ログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました