【結婚】「独身を卒業したい!」あなたの気になる結婚偏差値って?

家庭生活総合
drew-coffman-llWjwo200fo-unsplash (1)

1: 2022/06/13(月) 22:04:15.01 ID:ovahtG0n9

ハウコレ6月13日(月)19時30分
https://news.biglobe.ne.jp/trend/0613/how_220613_1273932850.html

みなさんは結婚偏差値という言葉を聞いたことがありますか?

結婚偏差値はいかに自分が結婚することに適しているかどうかを確認するための指標になるものとも言えます。

男性と女性で偏差値が離れていればいるほど相性が合わず、偏差値が近いほど結婚の相性が良いとされています。

今回は、そんな結婚偏差値を探る方法を教えちゃいます!

■一般的な数値
結婚偏差値というのは数字によって区切られています。

40未満は偏差値が一般的に低いとされており、60以上は偏差値が高いとされています。ちなみに、偏差値が70以上ある人は少なく、上位2%ほどしかいないと言われています。

結婚偏差値はいろいろな項目から構成されています。その総合値として結婚偏差値と定義づけられているという形になります。

■学歴
結婚偏差値はさまざまな構成要素があるとお伝えしましたが、そのうちの一つが「学歴」です。

ここで、気をつけてほしいのは男女によって学歴に対しての価値観が違うということです。男性の場合は「高学歴=モテる」、女性「高学歴≠モテる」という風に言われています。

学歴というのはコンプレックスなどにも繋がりやすいものになるため、あまり差が大きく開いてしまうと、価値観のズレが生まれてしまうので気をつけましょう。

■年齢
結婚偏差値を左右しやすい構成要素の二つ目が、「年齢」です。正直にお伝えすると、年齢が20代後半は結婚適齢期とされており、その世代の人に関しては自然と結婚偏差値が高くなる傾向にあります。ここで注意するポイントが、男女で好きになりやすい年齢が違うということです。

女性は一般的に年齢が上がると、結婚対象になる年齢も自分と同世代を対象とする傾向があります。

しかし、男性は自分の年齢が上がった場合も、結婚対象になる年齢は基本的には若い人を好むという傾向があり、男女の各世代によって結婚対象になる年齢期間のギャップが生まれているのです。

年を取ることはどうにもできませんが、自分自身を常に若々しく保つことを意識すると男女問わず、結婚偏差値を下げることなく婚活に挑むことができます。

結婚偏差値はあくまで指標であり、全てではありません。一つの参考程度に自分の偏差値がどのくらいなのかを知っておくといいでしょう。

(ハウコレ編集部)


続きを読む
Source: ♡ログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました