「入ってたのは私の注文したたい焼きじゃなかった返金しろ」と怒鳴り散らしたおばさん

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その7

867: 2015/06/08(月)15:30:06 ID:d3L
ショッピングセンターの中にある薄皮たい焼きのお店でアルバイトしてた時のこと。
開店と同時に、ぱっつんぱっつんのパステルピンクのTシャツに
乳首を浮き上がらせた(誰得)30代後半ぐらいの佐々木健介みたいなババアがやってきて
「昨日ここでたい焼き買ったんだけど、
入ってたのは注文したたい焼きじゃなかった!」と言って、投げつけるように箱を寄越した。

それはたい焼きが4つ入ってて、4つとも大きなひと口分の齧った跡から餡子が覗いていた。
「あのー、餡子じゃなくてカスタードとかチョコを注文した・・・と言うことでしょうか?」
と尋ねたら「私が注文したのはたい焼き5個よ!」とご立腹。
「あの、ですから餡子じゃないたい焼きを頼んだと?」と再度確認したら
「あんた馬鹿なの?何度も言うように私はたい焼きを頼んだの!
たい焼きは餡子に決まってるじゃない!!」
「でしたら、こちらの商品で間違いないと思うんですが・・・」と答えたら
「こんなのたい焼きじゃない!」と怒鳴られた。

頭の上にでっかい?を乗せて悩んでいたらチーフがやってきたので
事情を話したら交代してくれて、横で話を聞いてたらこういうことらしい。
そのババアいわく、たい焼きとはもっと皮が厚くてふわふわしたものである。
こんな皮の薄い物はたい焼きではない。これはただの餡子だ。
だからたい焼きと交換するか返金しろ!~と言うことらしい。
チーフ「こちらのノボリに書いてありますように、
当店のたい焼きはこういうものなんです。
薄皮たい焼きと言いまして・・・」と説明するのを遮って
ババア「そんなのはたい焼きとは認めない!いいから返金しなさい!」
でも1個はまるっと食べてるし、他の4個も全部齧ってるし、
しかも前日のたい焼き・・・当然チーフは断っていた。

結局警備員さんを呼んで連れてってもらったけど、
チーフに「ありがとうございます。俺ひとりだったら
どう対応していいか分からなかったす」って言ったら
「俺も色んなイカレタ客応対したことあるけど、あれは最強だなw」って笑ってた。
頭痛くなってきた。

続きを読む
Source: おうち

コメント

タイトルとURLをコピーしました