【サブスク】定額制動画配信満足度ランキング 4年連続王者の「Netflix」が2位転落

家庭生活総合
1: 2021/11/05(金) 20:39:46.89 ID:sEQ14NJP9
https://otona-life.com/2021/11/04/89917/
調査対象者は、現在2カ月以上継続登録して利用している、全国の18歳~84歳の男女8,413人。対象企業は24社とのことで、メジャーなサービスはほぼ網羅しているといっていいだろう。同調査は2017年からスタートしており、これまで4年連続でネットフリックスが総合ランキング1位を獲得していた。今年の結果はどうだったのだろうか。

まず5位は「Paravi(パラビ)」で総合得点73.8点を獲得。TBS・テレ東・WOWOWの合同動画配信サービスとしてスタートしており、国内ドラマやオリジナルドラマが視聴できる。「テレ東が映らない」という地域の人や、国内ドラマをよく見るという人にお勧めしたいサービスだ。ジャンル別ランキングでも国内ドラマ部門で1位、バラエティ部門で2位を獲得している。

続いて4位は「Hulu(フールー)」で総合得点74.0点とParaviを僅差で上回った。こちらは日本テレビ系作品の種類が豊富で、ネットなどでも「先行配信やHulu限定コンテンツがおもしろい」と評判だ。ジャンル別ランキングでは、国内ドラマ部門で2位、バラエティ部門で1位、オリジナルコンテンツ部門で3位を獲得しており、バランスの良い動画配信サービスといえるかもしれない。

3位には、「Amazonプライム・ビデオ」が総合得点75.4点でランクイン。こちらはAmazonのプライム会員なら追加料金が不要なので、とりあえず利用しているというユーザーも多そうだ。プライム会員でなくとも、月額500円または年間4,900円とお手頃なのでポイントが高い。オリジナル作品のほか、海外ドラマやバラエティなどがバランスよく配信されているのも支持ポイントの一つだ。

2位は「Netflix(ネットフリックス)」がランクイン。総合得点は77.4点で、惜しくも5年連続の戴冠には届かなかった。ネットフリックスは「手続きのしやすさ」「動画の見やすさ」などの操作性から、「洋画」「海外ドラマ」「韓国ドラマ」などのジャンル別まで、10部門で1位を獲得。特に「オリジナルコンテンツ」は2位以下を大きく突き放す80.4点という高評価を得ており、貫禄を見せつけている。

栄えある1位は、総合得点78.9点を獲得した「Disney+」が輝いた。2021年のDisney+の利用回答者に「2021年に観た最も好きな配信作品」を聞くと、「ロキ(マーベル作品)」「アナと雪の女王」「アベンジャーズ(マーベル作品)」「ワンダビジョン(マーベル作品)」などが上位に挙がったとのことで、Disney+だけで観ることができる作品への支持の高さが、Disney+首位奪取の要因と見ていいだろう。他にもディズニー作品が見放題のオンリーコンテンツであるため、ディズニー好きはまず契約すべきサービスと言えるのかもしれない。

no title


続きを読む
Source: ♡ログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました