【修羅場】研究者だった父が他界 → 父の友人たちが線香を供えに奥の部屋に来て・・「なんてことを!」「あれがどれほど貴重かわかってんのか!」

引用元:今までにあった最大の修羅場 £7

26: 名無しさん@HOME 2011/01/30(日) 21:28:36
長文です。 

当時、私はエスカレーターで大学まで行ける学校の生徒だった。 
父は、仕事は自営の資格商売をしていて、趣味人だということは知っていた。 
収入は結構あったようだ。子供の頃、不自由をした記憶はない。 

朝早くに出勤する父は、夜は早めに帰宅し、夕食は必ず私と母と3人で採っていた。
それは、母との約束だったらしい。 

続きを読む

Source: 素敵な機序

コメント