【作り置き連載Vol.17】10分で完成!さば水煮缶を使った作り置きおかず

週末に作り置きしておけば、平日のお弁当や夕食、朝食の一品に使える便利な「作り置きおかず」。そのまま食べても美味しいですが、アレンジして活用すれば2日目以降も飽きずにいただけます。そんな便利な作り置きおかずをご紹介していくこの連載。●今までの作り置き連載はこちら今回のテーマは「さばの水煮缶」。生魚は下処理が大変なうえ、臭いも気になってしまい、なかなか魚を使った料理ができない…という方も多いのではないでしょうか。しかし、さばの水煮缶ならフタを開けるだけ。下処理いらずで、お手軽に魚料理にチャレンジすることができます。一時期、スーパーの棚から無くなるほどの人気だったさばの水煮缶は、今でも食卓の救世主! さっそく、作り置きレシピをご紹介しましょう。 混ぜるだけ!さばの水煮缶で作るはちみつレモンマリネさばの水煮缶を使って作るので、加熱する必要がなく、混ぜるだけで完成する「さばの水煮缶とミニトマトのはちみつレモンマリネ」のレシピです。はちみつを加えることで酸味がまろやかになるため、酸っぱさがあまり得意ではない人にもおすすめできる一皿ですよ。【材料・作りやすい分量】さばの水煮缶 1缶(120g)ミニトマト 7~8個玉ねぎ 1個(100g)パセリ 少量レモン 1/2個A酢(米酢使用) 大さじ3Aはちみつ 大さじ2【作り方(調理時間10分)】1.玉ねぎは繊維に沿って薄切りにして水に5分さらし、ザルに上げて水気を切る。ミニトマトはヘタを取り半分に切る。レモンは半月切りにする。パセリはみじん切りにする。2.ボウルにAを混ぜ合わせ、さばの水煮缶、玉ねぎ、ミニトマト、レモンを加え、サッと混ぜ合わせる。この時、さばの水煮缶の汁も一緒に入れること。最後にパセリを散らして、保存容器に入れたら完成。【コツ・ポイント】・玉ねぎの水気は、よく切ってください。【保存方法・保存期間】・保存容器に入れ冷蔵保存で3日このレシピをお気に入り保存する●サバ缶とミニトマトのはちみつレモンマリネ【作り置き】 「さばの水煮缶とミニトマトのはちみつレモンマリネ」のアレンジレシピ2選続いては、さばの水煮缶のマリネを使った、アレンジ料理をご紹介します。どちらもマリネを加えるだけの簡単レシピですよ。 さば×じゃがいもは相性抜群!さば缶マリネのポテトサラダレンジで加熱したじゃがいもとマリネを混ぜるだけの、ボリューム満点のポテトサラダのレシピです。さばとじゃがいもは、実は相性抜群なんですよ。さばのうま味がぎゅっと詰まったポテトサラダは、酸味が効いていて、とてもさっぱりとした味わいになります。お弁当にもぴったりのレシピです。【主な材料】・さばの水煮缶とミニトマトのはちみつレモンマリネ・じゃがいも・マヨネーズ詳しいレシピはこちら●サバ缶マリネのポテトサラダ【アレンジ】 のせるだけなのにおしゃれ!さば缶マリネの冷製パスタ茹でてから冷やしたパスタにマリネをのせただけの、お手軽冷製パスタです。マリネにしっかりと味が付いているので、パスタへの味付けは軽く粗挽きこしょうを振るだけでOKなんです。マリネをのせているだけなのに、カラフルでおしゃれな一皿になりますよね。とても簡単に作ることができるので、美味しいものが食べたいけれど、手は掛けたくない…そんな日のランチなどにも良いですね。【主な材料】・さばの水煮缶とミニトマトのはちみつレモンマリネ・パスタ詳しいレシピはこちら●サバ缶とミニトマトのはちみつレモンマリネの冷製パスタいかがでしたか? さばの水煮缶の汁まで余すことなく使ったマリネは、さばの美味しさがたっぷりと感じられる作り置きおかずです。同じ味が続くと飽きてしまいそうですが、アレンジレシピを活用すれば、最後まで楽しく食べることができますよ。今までさばの水煮缶の使い方がわからなかった、という方も、さばの水煮缶の良さを感じられるレシピばかりなので、ぜひお試しくださいね。 このコラムを書いたNadia Artist 家庭料理研究家 鈴木美鈴https://oceans-nadia.com/user/10816
Source: ままてな

コメント