余裕がないときはこれでOK!美容家直伝・アウトドアでのメーク直し

汗をかく夏はメーク崩れが気になる季節。特にアウトドアなどで長時間屋外にいると、ベースメークはドロドロ&ヨレヨレ、なんてことも…。でも、外にいるときはメーク直しがしっかりできないことも多いですよね。そこで今回は、美容家の山本未奈子さんに、アウトドアで最低限必要なメーク直しについて教えてもらいました。教えてくれたのは美容家 山本未奈子さん「MNC New York Inc.」代表。1975年生まれ。ニューヨーク有数の美容学校を首席で卒業。「美肌に必要なのは時間やお金ではなく、正しい知識」という自身の美容論に基づき、美容企画の監修や講演などを行う。3児の母。メーク直しができないときの対処法下地やファンデーションを塗り直す時間や余裕がないときも、日焼け止めだけは塗り直しましょう。汗や皮脂などを水でさっと洗い流したら保湿効果のある日焼け止めを塗って。紫外線対策とうるおいケアが同時にできます。日焼け止めは指のはらでムラなく塗り、くぼみも塗り忘れなく!雑につけると日焼け止めの効果が落ちてしまいます。塗るときは指のはらを使い、肌が動かない程度の力で内側から外側へとのばし、小鼻の脇などは指先でしっかりなじませましょう。肌がうるおうのに表面はサラサラになって気持ちいい紫外線や大気中のちりなどから肌を守りながらうるおいを補給。化粧下地の効果もあり。プレディア ミネラル サンプロテクターEX SPF50+・PA++++ ¥2,500(コーセー)余裕があれば日焼け止めの上にフェイスパウダーも重ねてフェイスパウダーを重ねれば日焼け止めのフィット感が高まるうえに、毛穴や色ムラを補正できます。パウダーファンデよりも軽やかなので、ササッと直しても粉っぽくなりません。また、UVカット機能付きならブロック効果がさらに期待できます。メーク崩れ防止にはひんやりグッズで汗をストップ!メークを崩さないために、事前に対処することも1つの方法。首の横には太い血管があり、ここを冷やすと全身がクールダウンして汗や皮脂の量をセーブできるので、握ったり、水にひたすだけで冷たくなるグッズを首の横にあてておくのもおすすめです。袋の上部を握るだけで急速冷却。広範囲をクールダウンできるワイドサイズ。ヒヤロン ¥139〈編集部調べ〉(ロッテ)水にひたしてから使うタイプ。スカーフを留めるリング付き。しろくまのきもち サマースカーフレギュラー モカベージュドット ¥667(ビッグウイング) 【こちらの記事もおすすめ】美容家・神崎恵さんに聞く「落ちてもきれいなメークとドラコス」http://mc.mart-magazine.com/zakka/25709美容家・神崎恵さんに聞くキレイを保つ「メーク崩れ対策」2選http://mc.mart-magazine.com/zakka/25718美容家・神崎恵さん直伝「2分でできる時短スキンケア&メーク」http://mc.mart-magazine.com/zakka/25704夢の「デパコス」再デビュー!ファッション&メークの心得http://mc.mart-magazine.com/zakka/280715月の紫外線は夏並み!この時季注目の保湿美白スキンケアシリーズとは?http://mc.mart-magazine.com/zakka/21802撮影/玉置順子 ヘア・メーク/堀 紘輔 スタイリング/柿田たみか モデル/野田 萌 取材・文/片山幸代 構成/タカノマイ(Mart編集部)ワンピース¥2,880(ダブルフォーカス)、ネックレス¥17,000(Jouete)Mart2019年8月号最新「バーベキュー雑貨」ニュースPart5美容家 山本未奈子さんが教えてくれた「アウトドア・メーク」より
Source: ままてな

コメント