【100均】簡単「カゴ収納」で見た目よし使い勝手よし!【冷蔵庫収納】

冷蔵庫の中でも、最も大きなスペースとなる冷蔵室。冷凍庫や野菜室に比べて使用頻度も高く、1日に何度も開け閉めしては、食材や調味料、飲み物を取り出す場所です。だからこそ、使いやすく、見た目もスッキリ美しく保つために、整理整頓を心がけたいですね。冷蔵室が片付いていると、必要なものがすぐに取り出せて時短にも繋がります! 家事や育児に忙しいママこそ、まずは冷蔵室の収納から見直してみましょう。今回は、YouTubeで100均のおすすめ品や、100均アイテムを使った収納テク、模様替えアイデアの動画を公開している森の家さん(@mori_ie)が実践した、冷蔵室の収納方法をご紹介します。まずは使いづらいポイントを洗い出し!冷蔵室内を観察し、現状の問題点を考えます。森の家さんの冷蔵室のビフォーはこちら。一見片付いているようにも見えますが、いくつか使いづらいポイントを発見!毎日使うものだからこそ、ちょっとした使いづらいさがプチストレスに。今回はこれらの問題点を解消しながら、整理整頓していきます!使用する100均アイテムは主に収納カゴ(バスケット)使用する収納アイテムは6種類。すべてSeriaの商品です。①イノマタ化学 リード5 ホワイト/Seria②ホワイトパック1000/Seria③ホワイトトリムバスケット ワイド/Seria④ホワイトトリムバスケット スリム/Seria⑤ネームバスケット ロング/Seria⑥カトレケース スリムL型/Seriaメインの収納カゴとなる③と④について、森の家さんが選んだポイントは下記の3つ。★引き出すとき、カゴに指が引っかかりやすい★底が滑りやすいつくりになっている★網目になっていたり、穴があいていたり、通気性が良い冷蔵室内にきちんと冷気を循環させるためにも、なるべく通気性の良いカゴを用意しましょう!②のホワイトパックには、粉ものを詰め替えておきます。食品をカテゴリごとに分けながらカゴへ収納!上記でご紹介した①と③〜⑥のアイテムに、それぞれざっくりとカテゴリ分けをした食品を収納していきます。森の家さんは、①にチューブ調味料を、⑥には飼い猫関連のものを入れ、③・④のカゴには、納豆・朝食・卵・デザート・おかず・その他といったカテゴリ分けをしたそうです。カテゴリ分けが終わったら、あとは 冷蔵室内に配置するだけ!こんなにスッキリした見た目に変身しました! 大切なのは、冷蔵室内の幅や棚の高さに合うカゴを選ぶこと。購入前に冷蔵室内のサイズを計測しておくと安心です♪ピッタリサイズのカゴが並んでいるだけで統一感が出て、生活感を隠すことができますね。使い勝手◎でプチストレスもしっかり解消!今回の収納方法で、森の家さんが使いづらいと感じていた点も解消されました。ケチャップ&マヨネーズは、思い切ってドアポケットの下段に移動。邪魔をしていたチューブ調味料を1つのケースにまとめたことで、ほかの調味料もスムーズに取り出せるようになったそう。また、収納カゴの側面に内容をラベリングすることで、何が入っているのかひと目でわかります。カゴ収納は、複数の食品や調味料を一度にまとめて取り出せる点も便利! 例えば朝食時には、「朝食セット」としてカゴごと食卓へ出せば時短にもなりますね。森の家さんは、使用アイテムのスペック情報や収納の手順を、よりわかりやすい動画で公開中♪冷蔵室だけでなく、冷凍室や野菜室の収納方法もチェックできるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。取材協力/森の家さん(@mori_ie)※本記事の内容は公開時に確認した情報のため、商品によっては変更となっている場合があります。この投稿をInstagramで見る森の家さん(@mori_ie)がシェアした投稿 – 2019年 6月月8日午前12時05分PDT
Source: ままてな

コメント