トメ「義姉ちゃん男見る目ある~!」義姉が結婚前の顔合わせで連れてきた相手にトメ自慢げで鼻高々。私…驚愕。なぜなら連れてきた相手、実は…

家庭生活総合

241: 名無しさん@HOME 2008/04/19(土) 23:19:34
すいません…義姉の旦那(に来月なる予定)が私の元ストカー君なんですが 
結婚式の前に、義実家での顔合わせの席で、民事裁判の記録類を披露するのは 
DQN行為ですか? 

義両親いわく「コトメちゃんは立派な旦那さんを見付けたわー。旦那ちゃんにも 
見習って欲しかったもんだわね!」とかいびりが凄い。 
家庭に入って主婦して欲しいらしいのだが、私が正社員で働いているのがかなり 
気に入らない様子。旦那より給料良いのもムカつくらしい。 

そんな自慢の娘の選んだ人間が2年間ストカーしまくって、民事裁判で負けて 
慰謝料150万を親に払わせたDQNだってのを、式のキャンセルが出来なくなる 
頃に知らしめてやりたいのだが…。 


244: 名無しさん@HOME 2008/04/19(土) 23:22:06
>>241
ストーカーからも義実家からも逃げて~としか言いようがない・・・
どっちに関わり持ってもろくな事にならないと思う


245: 名無しさん@HOME 2008/04/19(土) 23:23:17
あれ、どっかにその話書いた?
デジャブってる自分がいる…


248: 名無しさん@HOME 2008/04/19(土) 23:23:56
>>241
241の旦那はその事実を知ってるの?
いきなり披露するよりも、まず旦那にそっと話してみるとか。
だって、旦那さんも自分の親からpgrされてるわけでしょ?


258: 名無しさん@HOME 2008/04/19(土) 23:31:31
>>245 まだどこにも書き込んでいませんよ。

義兄になる人間を知ったのが一昨日なもので…。って言っても、義実家に行ってて
コトメを迎えに来たストカー君をレースカーテン越に見て絶句。
トメに名前聞いたらビンゴだったので、まだストカーも私が義妹になるのを
知らないでいるかも。

やっぱり旦那に言った方がいいかな?
昨日、裁判の記録や当時の証拠写真とか、書類とか掘り返してみて、軽い欝。
旦那はエネじゃないから私の味方になってくれるとは思うけど、実姉の選んだ
人間がDQNなのってどう感じるんだろう?


260: 名無しさん@HOME 2008/04/19(土) 23:33:23
>>241
何か前にも似たような話があったような。
キャンセルできなくなる頃教えて「こんなハンザイ者だったなんて!」とやりたいんでしょうが
実際ストーカーはターゲットに近づくためだけにその身内に入りこむって手を使うから、
それやるとあたなが1番危険な目に遭うよー! ストーカーの狙いは今でもあなただよー!
逃げてー!


266: 名無しさん@HOME 2008/04/19(土) 23:35:44
>>258
たとえ今は向こうが知らずに……だとしても
知ったらまたストーカー化する可能瑛は高い。
「これは運命なんだ」と言って暴走するよ。
旦那はショック受けるかもしれないが、
258の身の危険がかかってる。
味方になってくれると確信できるなら、相談は必要だよ。


271: 名無しさん@HOME 2008/04/19(土) 23:37:09
>>258
一時的にもめたとしても、あとで知るより早くわかってよかったと思うようになるさ。
念のため、原本は別に保管して弁護士立会いかコピーで義両親に見せたほうがいいよ。

ストカ一族からの「縁談潰しやがって」逆切れも考えられなくはない。
旦那さんが絶対確実にエネじゃないことを祈る。


272: 名無しさん@HOME 2008/04/19(土) 23:38:08
>>258
何をおいても旦那さんに報告だよ!幸い記録があるようだから全部見せて。
義実家には、その事実だけで十分な痛手だから、DQNしなくていい。
絶対絶対絶対258目当て。怖いな、ストーカーって。どうやって探し出すんだ?


274: 241 2008/04/19(土) 23:39:16
え…今でもターゲットなの私!

全然想像つかなかった…。ストーカー騒動の後に海外に2年逃げて、法的に
改名を認められて、絶対にバレていないもんだと思ってた…。
帰国後すぐに結婚したし、地元にも近寄らないでいたんだけど…。
どうしよう、なんか旦那に相談して「だから義実家と絶縁したい」って方向が
一番無難なのかな?

うわーどうしよう…旦那の出張早く終わんないかな。なんか急に恐くなってきた。
どうしよう…ドアを開けたらアイツが居て、いきなり押し倒されたとか、そんな
過去が一気に蘇った…。未遂で終わったけど、近所の付き合いのない今の住居に
すっごい不安を覚える。どうしよう。


Source: 生活

コメント