彼が「俺、制球良いだろ?」と笑顔で猫に石を投げつけていてドン引き。その日を境に「好き」という感情は消えていった…


>



引用元: 百年の恋も冷めた瞬間 Open 2年目

933: 名無しさん@おーぷん 2015/09/26(土)12:04:48 ID:FD5
彼の部屋に初めて、そして最後に訪問した時。



そこはアパートの1階で、洗濯物を干せるぐらいの小さな庭があった。

その庭に出る吐き出し窓の横に置いてあるカラーボックスの上に

空き缶が置いてあって、その中に石ころが5~6個入ってた。

うずらの卵ぐらいの大きさのやつ。

「これ何?」って聞いたら「ああ、猫よけ」って言われて

「え?これおいておくと猫が来ないの?」って聞いたら

「いやいや、猫見つけたら追い払うやつ」って言われた。

なんか庭に猫が入って来ることがあって、

見つけたらすぐ対処できるように

この場所に置いてあるんだって言ってるそばから猫が入ってきて

彼が石を掴んでヒュンッ!て投げるスピードにもビックリしたが

見事に命中して高速で逃げて行く猫を見て、なんだかわかんないけど

自分がぶつけられたみたいにヒッ!となった。



彼が猫が嫌いだってのはしょうがない。

猫が好きだろうが嫌いだろうが、庭に来られるのが困るのも

粗相するとしたら腹が立つのもよーく分かる。

本当に嫌だろうし、ここにきたらこういう目にあうぞ!

と教え込む(彼氏談)というのも分からないでもない。



だけど・・・!!

高校時代、野球部でピッチャーやってた彼氏、

ニコニコ笑って「俺、コントロールいいだろ?」って言いながら

上に書いたようなこと言われて「そうだね」とは言えないよ。

彼を一方的に非難するのは違うと思ってるけど

(首輪してたから飼い主がいると思うし)

それでも「好き」って気持ちがその日を境に無くなってしまった。

935: 名無しさん@おーぷん 2015/09/26(土)23:11:44 ID:vUA
石じゃなくて、もう少し柔らかいものならまだなんとか…

934: 名無しさん@おーぷん 2015/09/26(土)23:08:48 ID:9jp
ウワァ…

嫌なものを避けるために物を投げるって発想がいやだな。

猫避け対策って、においとかでもいろいろできるんじゃないのかなあ。

ドヤ顔でってのが一番いやだなあ。友達でもドン引きするな。

Source: 生活

コメント