旦那の祖母享年95歳、大往生だし明るく見送って思い出話をしていたら

【チラシより】カレンダーの裏 17□【大きめ】
http://ikura.open2ch.net/test/read.cgi/ms/1486441149/

924: 名無しさん@おーぷん 2017/07/26(水)13:53:04 ID:8bz
先日、旦那の祖母が他界して、
お葬式に参列するため一家で旦那本家に行った
旦那祖母は享年95歳で、二か月病気で入院した末皆に看取られてなくなったとかで、
お歳もあって皆葬儀で大泣きしてるというより、感謝して明るく見送ろうってノリだった

精進落としの席でウト兄が、
「かあさんも大往生だし悔いもないだろ」と言ったら、
急にバサバサッって新聞振ったような音がして、
ウト兄のそばにあった大きな屏風がゆっくり倒れた
ウト兄が「何だっ」と言った瞬間、床がドーンと揺れた

何の音だったのか、鳥でも入って来たのか、地震でも起きたのかと大騒ぎしたが、
結局締めきった部屋の中鳥は見つからず、地震もなかったらしい

その日は皆怖くてシーンとなってしまいすぐ解散したけど、後日は皆笑いながら、
「お母さんもいい歳なのにすごい力だったわね、
 あの屏風重いのに、死ぬと怪力になるのね」とか、
「あれはあれだ、○○(ウト兄)が子供の時裏の川で溺れてさ、
 それ助け行った母さんがそのせいでお腹の子供ダメになって、
 それを○○がすっかり忘れてるから腹立ったんだろ」
とか色々言ってた

続きを読む

Source: おうち

コメント